Eliteコントローラー2がアップデートでパソコンで使いやすく

こんにちは、ちちくろです♪

Xbox のEliteコントローラー2をパソコンで使う場合・・より使いやすくなったとか・・どういうことでしょう?

11月のXboxのアップデートで機能が追加・・Eliteコントローラー2のボタンに、パソコンのキーボードのキーをマッピングできるようになったようです・・。

コントローラーのボタンにパソコンのキーをマッピングすることのメリットは?

キーボードマッピングの方法    や注意することは?

それらの事を書いてみたいと思います。

キーボードマッピングのメリット

Eliteコントローラー2のボタンにパソコンのキーボードのキーマッピングできることのメリットは?

  • コマンドの数が多いゲームを快適にプレイできる
  • リマッピングに対応していないゲームを操作しやすくする
  • コントローラーに対応していないゲームでコントローラーを使える

以上です・・。

それぞれについて解説すると・・。

コマンド数が多いゲーム

コマンドの数が多いゲームはコントローラーの操作が複雑になりますよね・・コントローラーのボタンは10個くらいしかないので・・。

コントローラーのボタンといえば・・A B X Y の4つそれと・・LB RB LT RTの4つ・・さらにLスティック Rスティックの押し込みで2つ・・合計で10個くらいしかありません。

たった10個のボタンで多くのコマンドを実行するには・・[A]+[B]+[LT]等のようにボタン同時押しするか・・[A] [B] [A] [A] 等のように・・順番通りに素早く押すかになるかと・・そうなると・・コントローラーの操作がとても複雑に・・。

Eliteコントローラー2のボタンにパソコンのキーボードのキーをマッピングことで・・1つのボタンでコマンド実行できるようになります♪

コントローラーでは複雑なコマンドでも・・パソコン上のキーボード操作では1つのキーで実行できる場合が・・。

また・・複数のキー同時押しを登録できると・・マクロのように複雑な操作を1つのボタンで実行することが出来ます。

Eliteコントローラー2の背面パッドに、複数キーの同時押しを登録すると、背面パッドを有効的に使用できることになります♪

リマッピング

ゲームによっては・・使用するコントローラーのボタンをリマッピングできるものがあります・・これはゲームのデフォルトのボタン設定ではコントローラーが使いにくい場合・・例えばコントローラーのボタンの配置の関係で同時押しが難しい等・・

そんな時は、ボタンの機能をリマッピングすることで使いやすいようにボタンの機能割り当てを変更することが可能です。

しかし・・すべてのゲームでリマッピングできるわけではないので・・使い辛いまま、そのゲームを遊ぶことに・・。

コントローラーのすべてのボタンをリマッピング機能で入れ替えてしまえば・・コントローラーを使いやすくすることが出来ます。

コントローラーに対応していない

パソコンゲームはプレイするのにキーボードとマウスを使うのが普通ですが・・ゲームによってはコントローラーが遊びやすい場合も・・。

しかし・・遊びたいゲームがコントローラーに対応していればよいのですが・・中にはコントローラーに対応していないゲームもあります。

そんな場合・・Eliteコントローラー2のすべてのボタンにキーボードのキーをりマッピングすれば解決すれば、Eliteコントローラー2でプレイすることが出来ます。

キーボードマッピングのやり方

Eliteコントローラー2にキーをマッピングするには    ・・以下の手順が必要

  • コントローラーのファームをアップデートする
  • Xboxアクセサリーでマッピングする

それぞれについって解説すると・・。

ファームアップデート

コントローラーのファームアップデートを実行するには・・Xboxアクセサリーというソフトが必要・・まぁ・・パソコンでXboxコントローラーを使っている方はすでにインストール済みかと思います・・Eliteコントローラー2アップデートの手順は以下に・・。

Xboxアクセサリーを立ち上げ後・・。

[・・・]をクリックし、[今すぐ更新]をクリック・・次の画面で[今すぐアップデート]をクリック・・それだけ・・。

その後アップデートが開始されるので・・アップデートが終了するまでしばらく待つことに・・。

キーマッピング

XboxアクセサリーでEliteコントローラー2のボタンにパソコンのキーボードのキーをマッピングするやり方は・・。

対象のコントローラーの[設定する]をクリック・・設定したいプロファイルを選択しペンのマーク[編集]をクリック・・。

変更したいボタンをクリックし・・[メイン]をクリックし[キー]を選択・・[キーを割り当てる]をクリックし登録したいキーをタイプして登録・・その後 [完了]をクリック・・これで完了♪

キーマッピング登録時の注意事項・・修飾キー[Shift・Alt・Ctrl・Win]等もマッピングでき・・最大同時押しで3個のキーを登録できます♪

その際・・修飾キー2つまで・・修飾キー2つ+1つのキーを登録できます。

例として・・[Alt]+[Ctrl}+[C]を登録する場合の操作は・・。

[Alt]と[Ctrl]にチェックをいれて[A]をタイプして登録する必要が有ります。

注意事項

キーマッピングを利用するうえでの注意事項としては・・登録時に必ずキーをタイプする必要が有ります。

例として[Sift]のみを登録したい場合    は・・

[キーを割り当てる]をクリックした後に・・[Sift]をタイプして要録する必要が・・前の画面で[Sift]にチェックを入れただけでは登録できませんでした。

更にマウスのボタンは登録が不可能・・パソコンゲームではマウスボタンでの操作も多いはず・・この辺りは残念ですよね・・このような場合は・・できることならゲーム内でマウスボタンを未使用のキーに変更することで対応できるかと・・。



工夫次第

今回のXbox のアップデートで・・Eliteコントローラー2のボタンにパソコンのキーボードのキーマッピングが出来るようになったことは工夫次第で非常に便利に使えるかも・・。

パソコンのキーボード操作を登録すれば・・マクロキーのように使うことが出来・・複雑な入力操作をボタン1つで入力することが出来ます♪

特に・・Eliteコントローラー2のような背面パッドが装備されたコントローラーでは・・背面パッドを活用する良い方法になるかもしれません。

気になる方はお試しください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です