Excelの新しい関数FILTER関数を使うこれ使える(その2)

こんにちは、ちちくろです♪

前回ExcelのFILTER関数に関してお話ししたのですが・・このままだと使い辛いような・・。

それは・・抽出条件がひとつなこと・・フィルター機能は複数の条件が使えるのに・・・FILTER関数だと一つの条件だけというのは・・なんとも・・。

そこで、今回はFILTER関数で複数の抽出条件を使う方法をご紹介仕様かと・・。



複数条件

複数の条件を使って・・条件に合うデータを取り出したい。

多くの方がそう思うかも・・。

例題のワークシートでいうと・・。

B社のテレビで・・更に100000円以下の50型テレビとか・・。

このように・・複数の条件でデータを絞り込むことが出来たら・・すごく業務が楽になりますよね♪

含む数式で複数の条件を指定

FILTER関数を使って複数条件で絞り込みするには・・含む部分の数式で複数の条件を設定することで可能になる・・。

具体的には・・以下のように・・。

条件1・・テレビ

条件2・・50型

と指定すれば・・50型のテレビの一覧が表示されることに・・。

FILTER関数で複数条件の指定方法

では・・複数の条件を指定するには・・含む部分の数式をどのようにすればよいのか・・異なる条件を、演算子を使って連結して数式を書き込む         ・・。

条件同士をつなぐ演算子は・・。

AND(条件を両方満たす)で指定する場合は*で繋ぎたい場合は・・(条件1)*(条件2)という感じで・・演算子の*でつなぎ・・OR(条件をどちらか満たす)場合は+で繋ぐ場合は・・【条件1】+【条件2】という感じで演算子の+を使ってつなぐ必要が有ります♪

テンプレート作成

FILTER関数を使ったテンプレートを作成してみることに・・例題として・・家電の商品リストを作ってみることに・・。

  • 商品番号            商品の色別番号
  • 種類   テレビ・冷蔵庫・クリーナー
  • メーカー            A社・B社・C社
  • 規格   商品の大きさ等
  • 価格   商品の値段

これらの検索条件を使って・・B2~B5に指定した条件に合う商品を抽出するようにしたいそんなワークシートを作ってみようかと♪

検索する項目は・・種類・メーカー・規格・価格の4項目・・。

数式1

前回の続きなので・・すでにセル範囲に名前を付けている   状態・・。

A8に記入する数式は・・”=FILTER(商品一覧!A2:E46,(種類=B2)*(メーカー=B3)*(規格=B4)*(価格<=B5),”該当なし”)”というもの・・。

含む部分の数式を説明すると・・。

種類=B2・・セル範囲種類からB2に該当するものを抽出・・さらに・・メーカー・規格も同様の内容を・・。

価格は少し違う内容で・・。

価格を指定する場合・・通常は・・価格に設定スタ条件より低いものを選ぶことが多いかと・・。

そうなると・・記載は”価格<=B5″ということになります

動作確認

これでワークシートの動作を確認すると・・問題発生・・。

すべての条件がそろわないと抽出できないことに・・。

ひとつでも条件が設定されていないと・・“該当なし”になってしまいます・・。

これだと使いにくいかも。・・。

問題の解決策

このままだと使い辛いので・・。

何故なら・・抽出する項目を任意の数にしたいから・・ではその方法は・・。

条件の数式を変更することで可能に。

条件の式を考える

Excelの条件式で使える演算子は・・。

・> (大なり記号)より大きい

・< (小なり記号)より小さい

・>= (より大か等しい記号)以上

・<= (より小か等しい記号)以下

・<> (不等号)等しくない

この中で使えそうなのは・・<> (不等号)等しくない・・という感じかな・・。

ISBLANK関数

ISBLANK関数を使って条件を振り分ける・・。

ISBLANK関数を使い値が指定されていない場合の処理を考えることに・・具体的に言うと・・。

数式を・・”=FILTER(商品一覧!A2:E46,(種類=B2)*(メーカー=B3)*(規格=B4)*(価格<=B5),”該当なし”)”=FILTER(商品一覧!A2:E46,(IF(ISBLANK(B2),種類<>B2,種類=B2))*(IF(ISBLANK(B3),メーカー<>B3,メーカー=B3))*(IF(ISBLANK(B4),規格<>B4,規格=B4))*(IF(ISBLANK(B5),価格<>B5,価格<=B5)),”該当なし”)            という風に・・。

長い数式なのですが・・簡単に説明すると・・条件の式を・・”IF(ISBLANK(参照セル),参照セルが空きの場合,参照セルが空きでない場合”という参照セルの数だけ作り・・それらを*でつなぎ合わせる・・。

こうすることで・・種類・メーカー・規格・価格のどれかを指定すると該当するデータが表示されることに♪



まとめ

IF関数とISBLANK関数を組み合わせて抽出条件を変えると便利・・。

条件の数式に<>を使うと空白以外を抽出できる・・それってすべてということになるので・・参照セルが空白の時の条件に設定すればOK

IF関数とISBLANK関数を使えば・・必要な項目のみを対象にできるということに・・。

このようにFILTER関数を使うと・・Excelを計算以外で使うのにとても便利に使うことが出来ます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です