9月22日発売Galaxy Watch 4

こんにちは・・ちちくろです

9月22日にGalaxy Wachi4が発売されるようです・・Galaxy ブランドのスマートウォッチって・・世界ではApple Wachiの次に売れているようです・・まぁ・・その差は大きいようですが(-_-;)

今回発売されるGalaxy Watch 4はかなりの改良が・・ではその辺りを見てみましょう♪

Galaxy Watch 4の特徴

引用元:Galaxy Wachi公式HP

Galaxy Watch 4の特徴は?・・Galaxy Watch 4は従来モデルよりかなりの改良が施されたようです(^-^)

ラインナップはGalaxy Wachi4が40mmと44mm・・Galaxy Wachi4 Classicが42mmと46mmの4つが・・。

その改良点は・・ソフト面とハード面の両方に及ぶとか・・。それが一体どのようなものなのかを見てみましょう♪

新OS Wear OS Powered by Samsung

引用元:Galaxy Eachi公式HP

SamsungのGalaxyスマートウォッチはTizenというOSを採用してきました・・このTizenというOS・・実に使い勝手が良いと評判が・・しかしGoogleが提供するスマートウォッチ用アプリが使えなかったんですよね(-_-;)

今回のGalaxy Wachi4からはWear OS Powered by Samsungを採用しています・・これは、今迄のOS Tizenと Wear OS by Googleの良いとこどり・・今まで使用できなかったWear OS by Googleのアプリが使えるようになりました(^-^)

Tizen用のアプリも豊富にあったのですが・・やはりGoogleアプリの方が圧倒的に多く・・。

さらに、Google Map等も使いやすくなることに♪



新OSはGoogleベースのカスタマイズ

新しいOS  Wear OS Powered by Samsungは、Wear OS by GoogleをベースにSamsungがカスタマイズしたもの・・従来のOS Tizenの使い勝手の良さを残しつつ、Googleアプリが使えるようになったようです♪

もちろん・・カスタマイズにはGoogleも協力したとのこと・・ならば完成度にも期待が持てるのでは?

新開発Soc

皆さんは・・Socのことは、ご存知・・SocとはSystem on a Chipの略で・・すべての機能を1つのチップに乗せてしまうこと・・携帯電話やスマートフォン等はこのSocによって性能が左右されます♪

Galaxy Wachi4のSocは新しく開発されたものが・・その名はExynos W920・・この新しいSocによってGalaxy Wachi4の性能が大きく向上したとか(^-^)

Socには大きく分けて2つの機能が・・1つはプログラムの処理をするCPU・・もう1つは画面を表示させるGPU・・この2つがバランスよくないと・・。

CPUがプログラムを処理しても・・GPUが画面にリアルタイムに表示させることが出来ないと動作が・・その逆でGPUがいくら高速に動いてもCPUのプログラム処理が遅いと・・画面の表示を変更することが出来ません(-_-;)

CPUは20%の性能向上

まずはCPU性能・・CPUは電子機器の頭脳・・これによって性能は大きく変わります♪

新しいSoc Exynos W920のCPUは・・Dual-Core 1.18GHzと構成は従来とあまり変わりがありませんが性能は10%向上しているとか♪

これによりサクサクと動いてくれることが期待できますね♪

GPUは10倍の性能向上

スマフォやPCといったデバイスはCPUだけで性能が決まるわけではありません・・CPU以上に重要なのはGPU♪

GPUとは画面に絵や文字を表示させる機能を担当しています・・なのでGPUの処理が遅いと・・(*_*)

今回のSoc  Exynos W920のGPU性能は・・従来の10倍以上とか・・これなら画面の表示を素早く切り替えることが出来るかも・・。

GPUの性能が大幅に向上していますよね・・これって今まではGPU性能が不足していたのかも・・そうなるとGalaxy Wachi4ではスムーズな動作が期待できそうですよね♪

旧製品との比較

Galaxy Wachi4を旧製品と比較してみることに・・旧製品の代表として現行製品のGalaxy Wachu3そして今私が使用しているGalaxy Gear S3 frontierを比較してみたいと思います♪

旧製品とのスペックの違い

では上記の3機種のスペックを一覧表に・・。

ROMの容量がGalaxy Wachi3から倍増RAMは1.5倍と・・。

バッテリー容量はGalaxy Gear S3 frontierから少し減少していますが、その分重量が11g軽くなっています・・これならGalaxy Wachi4を装着して睡眠しても気にならないかも♪。

ディスプレイ解像度は・・450×450とより精細に・・これはGPU性能が向上した恩恵かもしれませんね(^-^)

ヘルス/フィットネス機能が強化

引用元:Galaxy Wachi公式HP

Galaxy Wachi4の新しい機能としては・・体脂肪計等の体組成機能が充実♪

睡眠トラッキングでは血中酸素レベルや・・いびきのレベルも測定可能に・・私は家族にいびきがうるさいとよく言われるので・・これいいかも(^-^)

Galaxyのスマートウォッチではトレーニング自動検知機能・・Galaxy Gear S3 frontierでも、通勤時に駅まで歩きだすとウォーキングを検知して想定してくれます・・ママチャリでお買い物に行くとサイクリングを♪

これって・・何気に便利なのですよね・・たまに誤検知してしまいますけど・・(-_-;)

Galaxy Watch 4のバッテリー駆動時間は

Galaxy Wachi3より若干バッテリー容量が増えたとはいえ・・Galaxy Gear S3 frontierより減少しています・・これによる駆動時間は?

気になりますよね♪

こちらではGalaxy Wachi4のバッテリー駆動時間に注目して見ましょう(^-^)



公式では最大40時間

スマートウォッチで気になるのはバッテリー駆動時間・・Galaxy Wachi4では満充電で40時間駆動できるようですが・・。

Galaxy Gear S3 frontierは3日間持つことを考えると・・(*_*)

性能が向上し・・バッテリー容量が少なくなったのならば・・やはり致し方ないところ・・。

30分の充電で10時間稼働

それでは充電は・・?

Galaxy Wachi4は30分の充電で10時間稼働できるようです・・まぁそれでも・・。

充電方法は・・ワイヤレス充電に対応・・それじゃ充電器を持ち歩く必要が・・Galaxyスマフォにはワイヤレスパワーシェア機能が・・この機能を使えばスマフォでGalaxy Wachi4を充電することが♪

腕時計という小さな個体に大きなバッテリーを搭載することは・・そしてハードウェアの性能が向上すると・・その分消費電力も上昇します(-_-;)

この相反する状態で・・バッテリー駆動時間を延ばすのは・・ならば手軽に充電できるようにしこまめに充電を・・実に合理的だと思いませんか?

フィットネス機能を強く意識?

必要最低限のバッテリー容量に留め小型軽量に・・これってフィットネスには好都合と思いませんか?

Galaxy Wachi4はフィットネス機能を強く意識した製品といえそうですよね・・トレーニングの自動検出等フィットネスを意識した機能が満載♪

運用のカギはこまめな充電?

ただ・・幾らフィットネスを意識していたとしても・・充電が切れると・・。

Galaxy Wachi4を使いこなすには・・こまめな充電が必要ですよね・・そのあたりを考えると・・Galaxyスマフォとセットで使用するのがベストな様子♪

トレーニング終了後シャワーを浴びる間にスマフォで充電・・これなら手軽に運用できるかも・・。

Galaxyスマフォを使用中または使用を考えている方なら・・Galaxy Wachi4は良い選択肢かもしれません♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です