PD対応充電器を買ってGalaxy Watch5の急速充電を試す

こんにちは、ちちくろです♪

Galaxy Watch5をこうにゅうしたものの・・Galaxy Watch5の特徴である急速充電を試せていません・・。

Galaxy Watchを急速充電すると・・30分で45%バッテリーを充電できるらしいのですが・・今、使用している充電器では通常充電となるため・・30分で20%程度バッテリーに充電できない状態・・。

GalaxyWatch5に付属の充電パッドのコネクタはUSB Type-C    USB Type-C・・現在アイコスに付属してきた充電器を使っています・・USB Type-Cに対応した充電器はこれだけなので・・。

現状、今の充電環境で不満は感じていないのですが・・やはり急速充電を試してみたいもの・・。

そこで、Galaxy Watch5Webサイトで調べてみると・・Galaxy Watch5を急速充電するにはUSB PDに対応した充電器が必要と記述されている    ・・。

充電が必要な機器が増えて・・USB充電ポートが不足してきたことと、USB Type-Cの充電ポートを確保する意味も含めてUSB PD対応充電器を購入し実際に急速充電してみることにした。

Galaxy Watchの急速充電は、Watch5に限らずWatch6でも同じと思われるのですでにWatch6を購入した人や、今後購入を予定している人にも参考になると思います。

急速充電の条件

Galaxy Watch5のWebサイトで急速充電の条件を調べてみたのですが・・Webサイトに書かれていたのは次の通り・・

Galaxy Watch5 は、最高の充電体験を提供するために、専用の充電パッドと PD 充電器(5V/2A)の併用に対応した最新の USB-C ケーブルが付属しています。

30 分間充電すると、Watch5 は 45% を充電し、Watch5 Pro は 35% を充電します。

https://www.samsung.com/jp/support/mobile-devices/how-to-charge-the-galaxy-watch-5-faster/

更にこのような文面も・・。

一部、急速充電に対応しない場合があります。

・ワイヤレス充電パッドを使用した場合。例:EP-P5400、P6300 など。

・前モデルの Watch 充電パッドを使用している場合。例:EP-OR500、EP-OR825など。

・スマートフォンのバッテリーシェアリング機能を使用している場合。

・PD 非対応の充電器で OR900 PAD を使用する場合。例:AFC、QC チャージャー、ポータブルバッテリーパック、PD 非対応の USB ポートなど。

充電時間は、地域、設定、および環境要因によって異なります。実際の結果は異なります。

https://www.samsung.com/jp/support/mobile-devices/how-to-charge-the-galaxy-watch-5-faster/

専用充電パッドはPD充電器(5V2A)に対応しており・・PD非対応の充電器だと通常充電になる・・ということ・・。

どうやら急速充電をするなら・・USB PD対応充電器は必須ということに・・。

引用したサイトは・・ここに・・。



必要なもの

Galaxy Watch5を急速充電するには以下の2つが必要・・。

  • USB PD対応
  • 専用充電パッド

これらを踏まえてAmazonでグッズを探してみることに・・。

探すグッズは・・専用充電パッドはGalaxy Waych5に付属しているので、PD充電器だけで良いのだが・・すでに外出時用にGalaxy Watch専用モバイルバッテリーを購入しているので専用充電パッドを持ち出すことは無いと思う。

それならば、専用充電パッドは机の上に設置したままにしておきたい・・そこで、何か良い充電スタンドがないか探してみることに・・。

急速充電の事を考えると・・充電スタンドはできれば専用充電パッドをそのまま使用するタイプが良いのですが・・もし良さそうな物が見つからなければ・・自作することになるかも・・。

USB PD充電器

急速充電するには絶対必要    Amazonでいくつかピックアップしてみることにした・・ピックアップしたのは。

・UGREEN Nexode 充電器

・USB 充電器 type-c 合計120W

・Anker Prime Wall Charger

この3つ・・選んだ理由は・・結構出力が大きいものを・・余裕があるほうが何かと良いかと・・。

結局選んだのは・・USB 充電器 type-c 合計120W。

USBの充電ポートはすぐに不足することになる・・近頃の充電機器はほとんどがUSBになっているためなのですが・・。

それならば、ひとつのUSB充電ポートに充電する機器を差し替えて使用すればよいと思うけど・・充電スタンドなどは差しっぱなしで運用したい・・面倒なので・・。

USB 充電器 type-c 合計120Wは・・充電ポートが6個ある・・その内訳は・・。

  • Type-Cが3つ
  • Type-Aが3つ

更に容量は120Wで大容量・・今後の拡張性を考えると少しでもUSB充電ポートは確保しておきたい・・。

専用充電パッド用スタンド

専用充電パッドはGalaxy Watch5付属の物を使いたい・・その前提で探していると・・elagoの製品が見つかる・・。

唯一付属の充電パッドが使える製品で・・簡単に言ってしまえば・・ただのゴム製のスタンド・・。

充電スタンドのデザインを気にするほうではないので・・これに即決!!

ただ一つ・・気になる点が・・これは後程記載します。

USB 充電器 type-c 合計120W

充電ポートは合計6個あり・・これだけあれば当分困ることは無いと思われる♪

ただ・・合計出力は120Wもあるのだが・・各ポートに対して振り分けがあるので注意が必要かと・・。

6ポートを3つのグループ

6つのUSB充電ポートを3つのグループに    Type-Cポート3つType-Aポートが3つそれぞれを3つのグループに

  • グループ1 Type-C#1、#2
  • グループ2 Type-C#3、Type-A#1
  • グループ3 Type-A#2,Type-A#3

それぞれのグループの出力配分は・・

グルーピ1は、単体でどちらか一つを使う場合PD65Wの出力が可能で、2つのポートを同時に使用する時は・・Type-C#1はPD45Wになり、Type-C#2はPD20wになる・・。

グループ2は、単体でどちらか一つを使う場合・・Type-C#3がPD 30Wで使用でき、Type-A#1はQC18Wで使用することが出来る、2つのポートを同時に使用すると・・Typs-C#3とType-A#1ともに通常充電の12Wに・・。

グループ3は、単体でどちらか一つを使う場合・・QC18Wに対応し、2つのポートを同時に使用すると・・ともに通常充電の12、5Wとなる・・。

今のところ、USB PD充電が必要なのはGalaxy Watch5のみなので・・取りあえず問題なし・・。



充電スタンド

充電スタンドは付属の充電パッドが使えるものを購入

付属の充電パッドをそのまま通過得る製品は・・elagoという製品しかなかったので此方を購入♪

elago

elagoの充電スタンドは・・ただのゴム製のスタンド・・付属パッドをそのまま使うタイプなので急速充電は問題なくできるはず。

内部はガランとしており・・ゴムに充電パッドをはめ込み内部にケーブルを通して使用する・・シンプルな製品です。

少し気になったのが・・自分のGalaxy Watch5にはケースバンドを装着しているので、上手く充電できない可能性も・・。

ケースを装着しているので、Galaxy Watch5本体が少し大柄に・・そのため上手く充電スタンドにフィットしないかも・・結果・・問題なく充電出来ました♪

急速充電を試してみる

Galaxy Watch5の急速充電を試した見ることにします♪

試してみたのは2パターン

  • Type-C#3によるPD30W
  • Type-C#1または#2によるPD65W

Galaxy Watxh5のWebサイトによると専用パッドは5V2A・・それならば・・充電器の出力は10Wあれば行けるのでは?

そう思っていたのだが・・以前に別のサイトではPD60W必要という記述を見かけたような・・。

とにかく試してみることに♪

PD30W

PD30Wでの電を試してみることに・・。

1日充電せずに使用すると・・バッテリー残量49%に・・。

そこから30分充電すると・・バッテリー残量は88%になりました♪

49%から88%に序章したのだから・・39%充電できたことに・・通常充電よりは充電できたが・・Galaxy Watch5のWebサイトに記載された45%には届いてないので・・少し不満・・。

もしかして、充電時にGalaxy Watch5の電源を落とす必要があるのか・・それでも誤差6%は多きかも・・。

PD65W

次に試したのはPD65Wでの充電を試してみる。

これを実施する前に・・やはりGalaxy Watch5を1日充電せずに放置することに・・この手の検証は時間がかかります。

充電前のバッテリー残量47%    で・・30分間充電すると・・92%まで回復した♪

47%から92%まで回復したから・・45%回復したことに♪

メーカーの言うことは正しかったということになりますね♪

まとめ

充電スタンドを使った結果・・机の上がスッキリした

Galaxy Watch5にSpigenのケースを付けていたのだが・・問題なく充電できて快適に使うことが出来る♪

急速充電は

  • 急速充電するにはUSB PD対応充電器が必要
  • PD 65Wなら30分で45%充電可能
  • PD 30ら30分で39電可能

充電器がPD 30Wの製品でも充電速度は通常充電よりも速い・・。

あまり大きな充電器を持ち歩くのはチョット・・    そんな人はPD30Wの小型充電器を使うのもありかもしれません。

逆に、充電器のサイズは大きくてもかまわないなら・・65W出力に対応したものを選べば30分で45%充電できるということに・・。

30分間入浴すれば・・Galaxy Watch5は100%充電出来ている・・いいかもしれませんね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です