転職をあきらめるな!ハイクラスとフリーランスを狙える40代の転職

こんにちは、ちちくろです♪

初めに私の事をご紹介したいと・・私ちちくろは現在59歳・・定年目前です、こんな私ですが現在までに20代で3回、30代で1回そして40代で1回の転職っ経験があります。

40代で転職するとなると・・結構厳しいものがあると言われているのですが・・いや・・私40代で転職していますが・・

まぁ・・転職といっても当時勤めていた会社が廃業になってしまったわけなのですが、しかもその時の私の年齢は48歳・・それでもどうにかこうにか定年までこぎつけています。

結論から言うと・・40代の転職・・大丈夫です

40代の転職は何故厳しいのか

40代の転職は厳しいとよくいわれています・・果たして本当でしょうか?

一般論が現実に当てはまらないということはよくあることですよね・・そこで、なぜ40代の転職が厳しいと言われるのかを考えてみました。

意外なことが見えてくるかしれません。

40代の転職は求人数が少ない

40代の転職は求人数が少ないと言われています・・その理由は・・。

  • 採用後の将来性が疑問
  • ねんれいに伴いそれなりの給料が必要
  • 職種の変更が難しい

等の理由が考えられますが・・40代の転職者は、採用後の働く期間が短いわりに、年齢なりの給料を支払う必要がある・・採用後に職種を変更してもなじむのに時間がかかる・・もしくはなじめないということが主な理由となります。

要するに会社から見ると40代の転職者はコスパが悪いということになり、このことから求人数が少なくなるようです。

高齢化で40代が転職しても働く期間は短くない

40歳で転職した場合・・定年の60歳まで働くと、およそ20年間働くことになります。

更に、今高齢化が進み若い働き手が少なくな売ることに・・定年の年齢も60歳から65歳へ・・更に70歳まで延長されるかもしれません。

そう考えると・・40代で転職しても働き期間は決して短いとは言えません。

40代の転職は基本同一職種となります、職種を変更しなければ、20年間の実績がありその経験はとても貴重なものとなる」からです。

また、職種を変るようなことがあっても、20年の社会経験はそれなりに生きてくると思われます。

転職のデメリットは収入が少なくなること

転職すると・・収入が減ってしまう、そう思う方が多いのでは・・?

40代といえば家族をささえる必要があり大変な年齢です、収入が減ってしまうと家族の生活に大きな影響があるのは事実です。



転職で収入が増える場合も

転職しても、転職先の規定により給料が決まります、給料の規定には多少の差はありますが・・会社が変わってもそう違いはないはずです。

そう考えると、転職しても収入にそんなに差が無いことになります、いや・・それよりも収入が増える可能性もあるかもしれません。

転職した場合、多くは転職先の給料体形によって給料が支払われることになります、給料体形は会社によってそう大きな違いはなくそうなると転職しても収入はそう変わらないと言うことになるのではないでしょうか?

ただ唯一考慮するならば・・勤続年数による差額ということになります、多くの会社では給料に対し年齢によるものとは別に勤続年数による割増があります。

確かに勤続年数による差額はあるかもしれませんが、微々たるもので大きな差にはならないでしょう。

48歳で転職し収入がアップした

では実際の話しとして・・私は48歳で会社が廃業・・転職した結果・・約100万円程度年収がアップしました、まぁ・・この時の転職先が当時勤めていた取引先であったためある程度の考慮はあったかもですが・・。

それでも普通に転職先の年齢給と役職手当等で、前職の給料を大きく上回ることに成功しています、信じられないことでしょうかこういう事って普通にあることのようです。

この様なことが実施にあることから・・転職しても収入が下がるということは必ずしも当てはまらないことになると思いませんか?

そして・・それは今当たり前になりつつあるようです・・詳細は後程お話ししましょう。

転職エージェントでハイクラス転職を目指す

現在の転職サイトは・・転職エージェントとなり・・主にハイクラスの転職を取り扱っています。

ハイクラス転職とは・・将来の幹部社員の候補や現職の経験やスキルを評価する・・いわゆるヘッドハンティングというやつです。

ヘッドハンティングというと・・40代にピッタリなのではないでしょうか?

転職エージェントの成功例

ヘッドハンティング・・そんなの本当にあるの?

そう思われるのも当たり前かもしれませんが、実際のところ本当に実在しているようです、転職エージェントにサイトには40代のヘッドハンティングでの成功事例が沢山報告されています。

・キャリアカーバー事例

・パーソナルキャリア

エンワールド・ジャパン

映画やドラマで耳にするヘッドハンティングですが、実際に多く存在しているようです。

転職エージェントに登録しなければ始まらない

転職エージェントのサイトを覗いてみると、求人案件は一部しか掲載されていません・・。

ということは・・他の案件は登録しないと見る事が出来ないことに・・じゃ・・登録しましょう♪

転職エージェントに登録しても無料です、登録したからといって必ず転職しなければならないわけでもありません。

転職エージェントに登録すると・・電話またはメールで求人案件が紹介されます、気になった求人が在れば応募するだけでOKです。

複数の転職エージェントに登録してもOKです。

転職エージェントによっては、ヘッドハンティングサービスがあります、ヘッドハンティングサービスを利用するには、これも登録するだけ・・あとはスカウトされるまで待つのみです。

これって、あなた自身を査定するということですよね。

フリーランスを目指し高収入を

40代で豊富な経験があるのなら、思い切ってフリーランスになるのも良いかもしれません。

フリーランスになれば・・定年も無くなることに・・となれば働きたい年齢まで働くことが出来ます。

フリーランスを支援するサイトが登場

フリーランスといえば・・何か敷居が高いように思いがちですが実はそうではありません。

最近はフリーランスに特化したサイトが登場しており、この様なサイトを利用すればフリーランスへの近道になります。

あなたに十分なスキルがあるならば、フリーランスは十分検討の価値があるのではないでしょうか?

アドバイザーに伝える希望は明確に

スキルをお持ちの方がフリーランスになる場合、フリーランス支援サイトを利用するのですが・・今場合アドバイザーさんいこちらの希望を十分伝えるようにしましょう。

以前にITエンジニアのフリーランス転身をまとめた記事がありますのでこちらを参考にしてください。

まとめ

ここまで40代の転職についてお話してきました。

結論から言うと・・40代の転職は十分ありということになります。

40代の転職を以下にまとめてみました。

転職エージェントに登録し、アドバイザーからの提案を待つ・・。

ヘッドハンティングサービスを利用し、オファーを気長に待つ

フリーランスになれば定年が無い。

フリーランス支援サイトに登録

以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です