Microsoft365の画面が変わった!Office2021に

こんにちは、ちちくろです♪

9月の中旬ごろに私はMicrosoft365 を購入したのですが、10月にOffice2021発売後にOffice 2021相当へバージョンアップがされるかと、Office2021相当にはどんな感じでバージョンアップされるのか見てみたいと思っていました。

10月5日にOffice 2021が発売され、Office2021相当のバージンアップを心待ちにしていたのですが、何時になってもバージョンアップの兆しが無かったのですが・・しかし、先日Excelの画面を見ていると・・あれ・・いつもとなんか違う・・どうやらMicrosoft365がOffice2021相当にバージョンアップされたようです。・

てっきりWindows Updateで降りてくるのかと思っていたのですが、どうやらそうでなくいつの間にかといった感じでした。

画面の表示が変わったMicrosoft365

私がOfficeでよく使うアプリは、Excel とwordそしてPower PointなのですがいつのまにかMicrosoft365がOffice2011相当にアップデートされていたようです。

大きな違いは、各アプリケーションのタイトルバーの色とリボンのデザインに違いがあります。

Office2019相当では、タイトルバーは各アプリケーションのカラーが設定されていたのですが、Office2021相当では白色に統一されたようですね。

Office2019の各アプリケーションのカラーは

  • Excel・・・・・・グリーン
  • Word・・・・・・ブルー
  • Power Point・・・オレンジ

となっています。

Excel

まずExcel の旧バージョン新バージョンのと比較画像を掲載します。

Office20219相当の画面、タイトルバーがグリーンです。

Office2021相当の画面、タイトルバーが白色です。

タイトルバーの色がグリーンから白色に変わり、リボンのレイアウトも変わっているのがお判りになるでしょうか?

Word

続いて、Wordの旧バージョンと新バージョンの比較を画像でお見せします。

Office20219相当ではタイトルバーがブルーです。

Woedもタイトルバーが白色に・・そしてリボンのレイアウトが変更されています。

Power Point

最後は、Power Pointを旧バージョンと新バージョンの比較をしてみましょう。

Office2019相当では、タイトルバーはオレンジですが・・。

Office2021相当ではやはりタイトルバーは白色に変更されています。

Office2021相当にアップデート?

先日、Microsoft365がOffice2021相当にアップデートされたのですが、Office2021が発売されたのが10月5日・・Microsoft365に反映されるまで40日位かかったことになります。

この40日間を、早いと思うか遅いと思うかは人それぞれですが、私としては「もう少し早い方が良かったのでは・・。」と思います。

様々な事情はあるでしょうが、インターネットで配信するのですから、もう少しスピード感があっても良いのでは・・?

起動画面も変わった

アプリケーション起動時の画面も変わっています。

Excelは

そしてWord

最後にPower Point

今までのOffice2019相当の画面はアップデートしてしまったので、キャプチャーできませんでした・・ゴメンナサイ

Office2019相当では、ベースが各アプリケーションのカラーだったのですが、Office2021相当では白がベースになっています。



閉じるボタンが復活

各アプリケーション、特にExcelとWordで閉じるボタンが復活しました。

閉じるボタンとは・・。

タイトルバーの左端にあるアイコンをクリックすると

メニューがあらわれ、ファイルを閉じることが出来ます。

このメニューは、Office2013までは使えていたのですが、Office2016以降で廃止されてしまいました、それによりファイルを閉じるにはタイトルバー右端の×マークをクリックすることになります。

これって操作がしにくいと思っていたのですが・・Office2021相当で復活したのは私は個人的にうれしいです。



Office2021の新機能

Office2021で拡張された新機能は・・?

Office2021相当でも、Office2021の新機能は当然使えます、Offise2021の新機能は以下の通り

  • Excelの機能拡張(関数の追加)
  • Power Pointのスライド機能強化
  • Outlookの翻訳・検索機能の強化

まだ実際に使ってみたことは無いので、使い勝手はよくわからない部分があります、後日実際に使ってみて改めてご報告いたします。

Excelの新機能

Excelでは3つの関数が追加されています。

  • XLOOKUP関数・・・・VLOOKUPの拡張
  • LET関数・・・・・・数式と計算結果に名前を付ける
  • XMATCH関数・・・・MATCH関数の拡張

Power Pointの新機能

Power Pointではスライド賞の機能が強化

  • スライドショーの記録・・・機能が新しくなった
  • インク再生・・・・・・・・描画エフェクトを直接使用可能に
  • スライドの要素を配置・・・メッセージを効果的に伝えられるように要素を並べ替え

Outlookの新機能

Outlookの新機能は翻訳・検索機能の強化

  • 翻訳ツールの強化・・・・・メール・メッセージを70以上の言語に翻訳
  • 検索機能の強化・・・・・・リボン上の検索バーを使ってメール・メッセージを検索

Office2021まとめ

Office2021の新機能を紹介しましたが、Excel・Power Point・Outlookの3つのアプリが機能アップしたようです。

Office2021の価格は

  • Office Personal・・・・・・・29,000円
  • Office Home&Business・・・34,800円
  • Office Professional・・・・・59,800円

となっています。

買換えは?

新しい機能に魅力を感じるなら、買い替えを検討するのも良いかもしれません、買換えを検討中の方は、Office2021のサポート期間は5年間といわれているので、それなら早めに購入する方が良いといえます。

機能アップしたOffice2021ですが、個人で使用するのにそこまで機能が必要か・・?

実際のところ個人利用では多くの機能は必要なく、ファイルを開いて閲覧できれば良いという方が多いのでは・・?

しかし、セキュリティーサポートの切れた古いアプリケーションを使い続けるのはあまり感心しません。

今お使いのOfficeのサポートが終了する前に、Office2021もしくはMicrosoft365に切り替えるか、互換ソフトに乗り換えたほうが良いでしょう。

Microsoft365なら常に最新

Office を使う場合サポート期間は重要です、サポート期間が終了するとセキュリティーに問題が出来てしまいます。

しかし・・個人で利用する場合は、このことも含め自己責任なのですが・・。

あなたが添付したファイルで、他の人に危害が及ぶことになると・・やはり問題になるかもしれません、あなたがフリーランスで仕事等で利用しているのならなおさらですよね。

サブスクリプションのMicrosoft365ならば、サポート期限の心配は必要ありません、これを機会にMicrosoft365の導入を検討しても良いかもしれません。

関連記事

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です