Buffalo LS710D

当たるも八卦当たらぬも八卦

こんにちは・・ちちくろです♪

私のメールアドレスに・・ほぼ毎日・・メルマガが届くんですが・・その中に星占いのメルマガが・・。

私・・占いとかあまり信じないのですが・・毎週末星占いが届き・・そして月末には翌月の運勢も・・。

7月末に届いたものには・・「ジャズを聴くと運気アップ」と・・。

話しは変わりますが・・私は、通勤時にスマフォでAmazonミュージックを聞いています♪

8月の初め・・今まで聞いていた音楽が少々飽きてきたので・・別の音楽を探していると・・「朝に聞くジャズ」というのが・・私は1か月間ジャズを聴きながら通勤してたのですが・・。

何もいいことは、ありませんでした何時もと変わらず・・。

当たるも八卦当たらぬも八卦・・と言うことで・・。



初めてのNAS導入

皆さんの中にも、自宅にPCが在り更にモバイルPCをお持ちの方がおられることかと・・。

かくいう私もその一人・・そうなると2台のPC間でデーターの共有は・・どうしています?

どちらかのPCのフォルダーを共有するのが一般的なんですが・・これってかなり面倒なんですよね・・(-_-;)

そうゆう悩みを解決するのが・・NAS(ネットワーク・アクセス・ストレージ)なんですよね♪

Buffalo LS710Dを購入

そこで今回、NASを導入することに・・私が購入したNASは・・BuffaloのLS710D・・容量は3TB♪

実はかなり以前から導入を考えていたのですが・・なかなか踏み切れなくて・・で今回遂に思い切りました(^-^)

同じBuffaloのLS720Dと迷ったのですが・・予算の都合上・・(-_-;)

LS720Dならば、2ドライブ構成なのでRAID1でミラーリングすればを故障時に安心できるのですが・・・・まぁ・・LS710DのUSBポートにHDDを接続しバックアップをスケジュールできるようなので・・これでいいかなと・・(^-^)

あとBuffaloのDDNSサービスを利用すれば・・インターネット経由でアクセスすることも・・これって自前のクラウドストレージ♪

BUFFALO バッファロー NAS[3TB搭載 /1ベイ] LinkStation 2.5GbE搭載 高速モデル ブラック LS710D0301

価格:22,800円
(2021/9/2 20:50時点)
感想(0件)

LS710Dのスペック

私の購入したBuffalo LS710Dのスペックを以下に掲載しますね♪

ヘキサコアCPU搭載・・6コアCPUで高速処理

2.5GbpsのLANポート・・高速ネットワークに対応

USB外付けHDDに自動バックアップ・・指定した時刻にバックアップ

それ以外にも機能が在りますが・・。

Buffalo以外のNAS



私はBuffaloのLS710Dを購入したわけですが・・それ以外のNASをご紹介したいと・・。

どの製品も・・同様な機能が用意されたいますが・・それぞれに特色が・・目移りしてしまいますよね♪

IODATA LANDISK HDL2-AAX

IODATAといえば・・Buffaloと並ぶPC周辺機器の老舗メーカー♪

HDL2-AAXシリーズは・・私が購入したLS710Dと真向にぶつかり合う製品です♪

機能的にも・・同等の機能を搭載・・USBポートに接続したHDDでRAID1でミラーリングが・・この辺りはこちらの方がアドバンテージになります。

でも・・CPUはヂュアルコア・・ここはLS710Dのほうが有利。

★IODATA NAS(ネットワークHDD)LAN DISK A HDL2-AAX2 [ドライブベイ数:HDDx2 容量:HDD:2TB] 【NAS(ネットワークHDD)】【送料無料】

価格:28,230円
(2021/9/2 20:53時点)
感想(0件)

Sinology DiskStation

こちらの製品はNASキット・・要するにHDDは付属していないので自前で用意する必要が(-_-;)

ドライブベイは2ドライブあるので・・RAIDも0と1に対応♪

RAIDのストライピングでスピード重視かRAID1ミラーリングで安定性重視か・・その辺りはご自由に♪

CPUはクアッドコアですが・・LANポートは1Gbpsと一昔前のものが・・。

Synology DS220j/JP [★ガイドブック付き★ DiskStation 2ベイ NAS 4コアCPU 512MBメモリ SATA対応]

価格:21,980円
(2021/9/2 20:57時点)
感想(4件)

Buffalo TeraStation

こちらはBuffalo LinkStationの上位モデル・・というか法人モデル(-_-;)

性能も価格も・・やはり桁違い・・。

参考にどうぞ♪

[延長保証加入対象外]【新品/在庫あり】TeraStation TS3020シリーズ 4ベイデスクトップ 8TB TS3420DN0804

価格:108,183円
(2021/9/2 21:00時点)
感想(0件)

NAS導入へ

さて・・購入したBuffalo LS710Dを早速使ってみることに♪

まずは・・専用ソフトNAS Navigator2をBuffaloのサイトからダウンロード(^-^)

NAS Navigator2 のメイン画面

LS710Dを自宅のネットワークに繋ぎ電源をオン♪

専用ソフトでネットワーク上のNASを検索・・無事に検索出来ればOK

とりあえずこれで使用できるのですが・・。

IP-Addressは固定に

NASやネットワーク上で共有できるプリンターなんかは・・IP-Addresssを固定したいもの(-_-;)

なので・・LS710DのIP-Addressを固定にすることに♪

その前に我が家のネットワーク構成を簡単に説明すると・・。

回線はDOCOMO光を光電話とセットで・・プロバイダーは旧SO-NET今はぷららになっているのかな?

フレッツ光のホームGWの配下に・・BuffaloのWi-hiルーターをAPモードで接続♪

IP-Addressを固定しているのは・・以下の通り

BuffaloのWi-hiルーター

EPSONの複合機

私のメインPC

私のタブレットPC

以上です。

今回NASもIP-Addressを固定にしてネットワークに仲間入り♪

アクセス権限は忘れずに

NAS Navigator2でNASの設定をする際アクセス権限を忘れずに♪

アクセス権限を設定しないと・・ファイルを保存できないので・・(-_-;)



DDNSでクラウドストレージに

私のメインPCとタブレットPCからNASにアクセスすることが出来たのですが・・これってローカルネットワーク内の話・・。

メインPCはデスクトップだからよいとして・・タブレットPCはモバイルPC外出時でもNASを使えるようにしたい♪

そうすることで・・自前のクラウドストレージにすることが出来るのだから!(^^)!

DDNSが・・

Buffaloには・・NASComnameというDDNSサービスが・・このサービスを使うことで外出先でも自宅のNASにアクセスできるわけです・・。

そこでNAS Navigator2を使って設定するのですが・・あれ・・うまくいかない??

何度やり直しても・・結果は同じ・・。

我が家のネットワークはIPV6

DDNSが設定できない・・ならば手動でぽーとを解放しようとホームGWの設定画面を見てみると・・あれ・・PPP-OEの設定が・・。

接続先情報がない状態・・おかしいと思い調べてみると・・我が家のインターネットは・・IPV6接続となっていました( ゚Д゚)

そういえば・・ずいぶん前にこんな電話が・・「IPV6サービスにすればネットが早くなりますよ・・費用も掛かりません。」・・その時・・「じゃお願いします」といったような(-_-)

IPV6環境だと・・DDNSは使えないそうな(-_-;)

HOME Wi-hiでは実に便利



モバイル環境は別にして・・NASの利用は本当に便利・・これならもっと早く購入しておけばよかったと・・。

自宅のWi-hiでは・・メインPCとタブレットPCとでファイルの共有が実にスムーズに♪

ファイルをあちこちにコピーし複数に分裂した挙句どれが最新なのか分からなくなることがなくなってスッキリ♪

クラウドストレージと同期・・

NASの導入でファイルの一元管理が出来るように・・!(^^)!

しかし・・タブレットPCを持ち出し外出時には・・(-_-;)

原因は我が家のインターネットがIPV6なのが原因なのですが・・今更IPV4に戻すのは・・。

そこで思いついたのは、クラウドストレージと同期をとること・・まぁ・・まだそんなに急ぐわけではないので・・ゆっくりと考えてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です