特大マウスパッドG840をPOWERPLAYと使ってみた

こんにちは、ちちくろです♪

先日新しいパソコンLEVEL∞RGB Buildの増設メモリ相性保証で5000円の買い物をすることになったのですが・・。

購入したのは大型マウスパッドです、今まで使っていたマウスパッドも300mm×800mmと大型のものでしたが・・今回購入したのは400mm×900mmと更に大きなものを購入しました。

今回は新しく購入したマウスパッドをご紹介します。

マウスパッドを取り換えるとパソコンデスクのイメージが結構変わるのでちょっとした気分転換などにおすすめです、パソコンデスクに何か変化を加えたい・・そう思っている方は最後までお読みください。

Logicool G840

今回購入したのは・・LogicoolG840という大型のマウスパッドです、他のメーカーやブランドでは大きなマウスパッドが販売されていますが、Logicool製品のマウスパッドはあまり大きなものは販売されていませんでした。

一昨年位に発売されたようで、少し気にはなっていたのですが・・今回メモリ相性保証で5000円分の買い物の必要があったので購入しました。

大型マウスパッド

以前使っていたものも300mm×800mmと結構大型のものを使用していました、大型マウスパッドはデスクを大きく覆うことができ以下に示すような便利さがあります。

  • 机の上に物を置くときに音がしない
  • マウスがマウスパッドの外に落ちることが少ない
  • パソコンデスクが結構おしゃれになる

といった具合です。

大きなマウスパッドって・・マウスパッドというよりもデスクマットという感じで机のほぼ全体を覆ってしまいます、なので机の雰囲気が大きく変わり、パソコンデスクを少し気分を変えたい時はコスパの良い方法です。

POWERPLAYと一緒に使ってみる

同じLodicool製品のマウスパッドにPOWERPLAY があります、私もPOWERPLAYを使用しておりマウス操作がとても快適です。

POWERPLAYと大型マウスパッドを併用する?

と思われる方もいると思いますが・・POWERPLAYはマウスパッドの一種なのですが私は、POWERPLAYはマウスパッドではなくワイヤレスマウスの充電デバイスと思っています。

ではどうやって併用するかということは、後に書きますので気になる方は最後まで読み進めてください。

G804を購入した理由

実は当面マウスパッドを買い替える予定はありませんでした・・今のマウスパッドで不具合はなかったからで、POWERPLAYとの併用もうまくいっていたので。

メモリ相性で5000円の買い物が必要

新しいパソコンにメモリ増設をするときにメモリの相性問題が発生・・メモリ購入時に相性保証を付けていたのでメモリ交換することに・・すると5000円の買い物が必要になってしまいました・・最初に買ったメモリよりも交換品が5000円ほど安かったためです、店員さんに返金について尋ねたのですが・・返金対応はできないということで5000円以上の買い物をする必要があるということです。

「何を買おうかな・・」と店内を見回ったのですが・・パソコンパーツでは思い浮かぶものがなく・・周辺機器のコーナーへ、そこで目についたのがG840になります。

以前から気にはなっていたが

G840が販売されていることはわかっており少し気になる存在でした、マウスパッドをG840に交換すればデスクトップ環境にLogicool製品に統一できると思っていたからです。

しかし、G840の価格が5000円とマウスパッドとしては割と高額なので・・現在のマウスパッドが痛んだらその時の買い替え候補としていたのですが・・今回少し早めに買い替えることになってしまいました。

G840をPOWERPLAYと使用するには

Logicool G849とPOWERPLAYを併用する方法をご紹介します、以前の記事に掲載しているそちらのほうも見てもらえると嬉しいです。

Logicool G849とPOWERPLAYを併用するには、厚さ2mmのビニールシートを使います、ビニールシートを使ってPOWERPLAYの段差問題を解消しようということですね。

どうやってPOWERPLAYの段差問題を解消するのかというと・・2mm厚のビニールシートをG840の大きさに切って、切ったビニールシートからPOWERPLAYの部分を切ってしまいます。

詳しくは以下に記載します。

2mm厚のビニールシートを購入

ホームセンターで2mm厚のビニールシートを購入してきました。

大きさは1000mm×400mmで価格は近所のホームセンターで2000円位です。

私が買いに行くと幅1000mmのものが切り売りされていました、そこで店員さんに長さ400mmでカットしてもらうことになります。

400mmでカットをお願いすると・・ぎりぎりなので短かったら・・と思うのですが、少し長めにカットしてくれるので・・今回のように400mm必要な場合400mmでカットしてもらうと丁度良い長さになります。

ビニールシートを切り込みG840をフラットに

ビニールシートをG840の形状に切り取るために必要があります。

やり方は・・広げたビニールシートの上にG840を載せG840の周りをサインペンでなぞることでビニールシートにG840の形状を書き込みます、この時G840がズレないように注意してください。

ビニールシートにG840の形状が書き込めたら・・ハサミで切り取ります、結構固いので大き目のハサミが良いと思います。

私は結構大雑把なのでハサミで切りましたが、几帳面な方は定規とカッターナイフで切ることをお勧めします、そのほうが真直ぐ綺麗に切ることができるので・・。

次にG840の形状に基地取ったビニールシートにPOWERPLAYの形状を書き込みます、POWERPLAYの設置場所を那智が得ないように注意が必要です。

書き込みが終わったら、POWERPLAYの部分を切り取り、デスクの上に並べます。

その上にG840をかぶせると完成です。

2mm厚のビニールシートを使うことでPOWERPLAYの厚みをなくしフラットになります。

デスクトップがLogicool製品で

マウスパッドをG840に変更することで・・パソコンデスクの周りがLogicool製品で統一されてきました、最近購入したパソコンデバイスはLogicool製品ばかりだからです、意図的にLogicoolの製品を購入しているわけではないのですが・・なんとなくLogicoolの製品を購入してしまいます。

ほかのブランドのゲーミングデバイスは・・結構派手な色使いが多いのですが・・Logicool製品は比較的控えめなのが多いから・・後・・黒とブルーLEDの組み合わせが結構好みなこともあるかもしれません。

私が使っているLogicoool製品

現在使用しているLogicool製品は以下の通りです。

  • キーボード・・・・・G913TKL
  • マウス・・・・・・・G502LIGHTSPEED
  • ヘッドセット・・・・G533
  • ゲームパッド・・・・F310

それと・・POWERPLAYです。

パソコンデスク周りの統一感が良い

マウスパッドをG840に変更したことでパソコンデスクの上に統一感が出てきました、Logicool製品で統一されているのがその理由です、マウスパッド・キーボード・マウスが同一ブランドで統一されるのって・・よいかもしれません。

G840の使用感

LogicoolのG840を使ってみた感じは・・正直言って黒い色はホコリが目立つのですが・・でも私は黒が好きなのでしょうがないですよね。

こまめに掃除機でホコリを吸い込まないと・・いけませんね。

マウスパッドの違いは・・

マウスパッドの違いは・・私にはあまり判りません・・ただ以前のものと違い、少し表面がサラサラした感じで・・悪くありません、ほかの方のマウスパッドのレビューで・・「マウスが良く止まる」などという方がおられますが・・私・・パソコンゲームの上級者じゃないので・・

マウスパッドはデスク周りのおしゃれアイテムです、マウスパッドに大きな機能差を求めるよりもパソコンデスク上のインテリアの要素が大きいと思いますが・・どうでしょう・・。

G840まとめ

今回G840を購入してみて思ったことは・・。

  • 机の周りがLogicool製品で統一された
  • 使い勝手はよくわからない
  • ほこりが目立ちそうだが・・黒が好き

あとはこまめなパソコンデスク上の掃除・・これが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です