Xbox Eliteコントローラーを1週間使ってみて思うこと

こんにちは、ちちくろです♪

私の手元にEliteコントローラーが届いて1週間が経過しました・・その間・・Eliteコントローラーを使ってゲームを遊びまくりました。

Eliteコントローラーを1週間使って・・気づいたEliteコントローラーの良いところと悪いところを記事に書いてみようと思います。

私は基本的にEliteコントローラーを気に入って使っています・・それはカッコいいから・・。

しかし・・無印のXboxワイヤレスコントローラーでも・・いいのでは・・と思えることも・・。

Xbox Eliteコントローラーの購入を考えている方の参考になれば幸いです。



Eliteコントローラーの機能説明

Eliteコントローラーとは・・何・・。

そんな人のためにEliteコントローラーについて説明を・・。

Windowsパソコンでゲームをする場合・・ゲームコントローラーはXbox用が標準とされています・・。

Xbox用ゲームコントローラーには2種類用意されています。

標準の無印Xbox ワイヤレスコントローラーと・・その上級品であるXbox Eliteコントローラー・・。

Eliteコントローラーは無印コントローラーと違い様々な部分をユーザーが使いやすいように設定できます・・設定の内容はコントローラーのスイッチ等で変更できるハード機能と、ソフトで変更できるソフト機能があります。

無印コントローラーに設定できないことが出来るエリートなコントローラーということですね・・ではどのような部分がエリートなのか説明していきます。

ハード機能

Eliteコントローラーのハード機能は4つあります。

  • トリガーの深さを調整できる
  • スティックの重さを調整できる
  • スティックと方向キーを交換できる
  • 背面に4つのパッドスイッチがある

トリガーの深さを調整できる

Eliteコントローラーはトリガーの押し込み深さを変更できます。

変更方法は背面のスイッチで可能で・・トリガーの押し込み深さを浅くすることで素早い操作が可能になります。

変更できる範囲は3段階

  • 深い
  • 中間
  • 浅い

私は中間に設定し使用しています。



スティックの重さを調整できる

Eliteコントローラーではスティックの重さを変更できます。

変更方法はスティックを外し・・専用工具を使用してスティック頂上部分のネジを回す感じです。

変更できる範囲は3段階で

  • 軽い
  • 普通
  • 重め

私は中間の普通を選択しています。

スティックと方向キーを交換できる

Eliteコントローラーはスティックの高さや形状を変更でき・・さらに方向キーの変更もできます。

スティックや方向キーを変更することで・・操作性をユーザーの好みに応じて変更できるということです。

スティックの変更は・・スティックはマグネットで固定されているだけなので・・スティックを引っ張るとスポット抜けます・・あとは付属の6種類のスティックの中から好みのものに変えるだけ・・。

方向キーもスティックと同じように変更できます。

方向キーは・・形状が十字の物と円盤状の2種類が付属しています。

背面に4つのパッドスイッチがある

Eliteコントローラーには・・背面に4つのパドルスイッチがあります。

高級ゲームコントローラーにはパドルスイッチはつきものですよね♪

パドルスイッチがあることでゲームを快適に遊べるようになります・・。

各パドルスイッチには・・あとで話すソフトで機能を割り当てることが出来ます。

ソフト機能

MicrosoftストアーからXboxアクセサリーという無料ソフトをインストールすることで・・Xboxワイヤレスコントローラーの各種設定が可能です。

無印のワイヤレスコントローラーの設定も可能ですが・・Eliteコントローラーはさらに多くの項目が変更できます。

コントローラーの設定を変更するには・・プロファイルを作成する必要が・・作成できるプロファイルの数に制限はないようです・・それぞれのプロファイルはわかりやすい名前を付けることが出来ます。

プロファイルをEliteコントローラーの3つのスロットに割り当てることでEliteコントローラーで3つのゲーム設定を使い分けることが可能になります。

設定できる項目は6つ

  • マッピング
  • 左スティック
  • 右スティック
  • トリガー
  • 振動

マッピング

各ボタンのア動作を変更できます。

背面パッドの設定もここで設定できます・・例えば・・背面パッドのそれぞれに・・A・B・X・Yを割り当てるなど・・そうすれば右手親指は右スティックの操作に集中できることになりますよね♪

全てのボタンのマッピングを変更できるので・・例えば・・AのボタンをYに変更することも可能・・もちろん無効にすることもできます。

さらに・・どこかのボタンにシフトボタンを設定すれば・・同じボタンでシフト時にマッピングを変えることも可能です。

左右スティック

スティックのデッドゾーンを好みに応じて変更できます。

デッドゾーンとは・・スティックを操作したときのスティックの遊びの事・・。

基本スティックのデッドゾーンは無いほうが良いですよね・・私はデッドゾーンの設定はせずにデフォルトの状態で使用しています。

トリガー

こちらではトリガーのデッドゾーンの設定が出来ます。

トリガーのデッドゾーンを変更することで誤爆を防ぐことが出来ます・・あまりにもデッドゾーンが少ないと・・トリガーに少し触れただけで動作してしまいます。

私はデッドゾーンを80%に設定して使っています。

振動

この項目は振動の強さを変更できます。

デフォルトは最大に・・。

振動する箇所は4箇所

  • 左トリガー
  • 左メイン
  • 右トリガー
  • 右メイン

振動が強すぎると感じたら・・こちらで調整を・・私は取り合えづデフォルトで使用しています。

コントローラーの電源をオンにした時のランプの色を変更できます。

プリセットは36色から選ぶことが出来ますが・・カスタムを選択すると・・

  • 色合い
  • 彩度
  • 輝度

の3項目から気に入った色を作成できます。

プロフォイルごとに変更すれば使いやすいかもしれませんね♪

パソコンとの接続

Xboxワイヤレスコントローラーのパソコンとの接続は3つあります・・これは無印のワイヤレスコントローラーと同じで接続方法は・・。

  • USBケーブルで有線接続
  • USBワイヤレスアダプターで無線接続
  • luetoothで無線接続

という方法・・。

私はUSBワイヤレスアダプターを使って接続しています。

USBワイヤレスアダプターで接続

私はEliteコントローラーとパソコンを、USBワイヤレスアダプターを使ってパソコンに接続しています。

これは・・すでにUSBワイヤレスアダプターを使っているからですが・・無印ワイヤレスコントローラーもUSBワイヤレスアダプターでパソコンに繋いでいます。

USBワイヤレスコントローラーは最大8台のコントローラーを接続することが出来・・USBケーブルで接続しているのと同じようにコントローラーを使うことが出来ます。

とても便利なので皆さんにもお勧めしたいのですが・・現在USBワイヤレスアダプターは価格が高騰しています。

Xbox.comでは完売中で・・Amazon等の通販では10000円以上の値段がつけられています。

私は無印ワイヤレスコントローラーとのセット品を購入したので・・結構安く購入できました。

その時の記事はこちら。

Eliteコントローラーが欲しい・・ワイヤレスで使いたい・・できるだけ出費を抑えたい・・ならBluetoothが良いかもしれません。

後日XboxワイヤレスコントローラーのBluetooth接続について検証してみたいと思いますので・・おたのしみに♪

Eliteコントローラーを使ってみて

Eliteコントローラーを使ってみて思うことを書いていこうかと・・。

ボタンの反応が微妙

EliteコントローラーのA・B・X・Yのボタンの反応が微妙です。

どちらかというと・・無印のワイヤレスコントローラーの方が、反応が良い感じ・・。

これはボタンを押す角度で反応が微妙な感じがします・・なれると問題ないとは思うのですが・・まぁ実用上あまり問題にはならないので・・このまま使っていくことにします。

背面パッドは慣れが必要

私が遊んでいるモンスターハンターでは・・背面パッドにA・B・X・Yボタンを割り付ければ右手親指をカメラの操作に集中させることが出来るかも・・そう思ってEliteコントローラーを購入したのですが・・。

背面パッドの操作は難しいです・・。

少し練習する必要が有りそう    ・・自分が不器用なことを忘れていました。

手先が器用な方なら上手く操作できるのでは・・。

背面パッドに機能をマッピングしたときに・・背面パッドの誤爆の心配は必要ないようです、少なくとも私は誤爆したことはありません。

以前安価な背面ボタン付きコントローラーを使っていた時・・背面ボタンが誤爆しまくったのを覚えています・・それに対しEliteコントローラーはコントローラーの形状が良く考えられて作られいるようで誤爆の心配はないようです。

まとめ

現在Eliteコントローラーの価格は落ち着いている様子です・・Amazon等の通販でも定価で販売されています・・時折定価よりも安く販売されていることも・・。

それでもEliteコントローラーを購入しようと思うと・・20000円近くの買い物みなってしまいます。

ゲームコントローラーの購入で20000円はやはり・・。

Eliteコントローラーの購入をお勧めするのは以下のような方に・・。

・オリジナルが好きな人

・色々変更できるということに強い関心がある人

・とにかくEliteコントローラーを使いたい人

Eliteコントローラーに興味があれば買ったほうが良いと思います。

これは・・買ってみないとわからないことが沢山あるからです。

正直言って・・ゲームコントローラーに20000円は高額です・・しかし決して手の届かない金額ではありません。

少し背伸びしてゲームを一層楽しめるのならそれでよいかもしれません。

【新品】マイクロソフト Microsoft Xbox Elite FST-00009 ワイヤレス コントローラー シリーズ 2

価格:19,000円
(2022/11/16 16:36時点)
感想(1件)

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です