ワークチェアを買い替えた:買ったのはニトリのワークチェア

皆さんこんにちは、ちちくろです♪

私・・パソコン用のワークチェアを買い替えることにしました♪

買い替えることにした理由は・・現在使用しているワーキングチェアのPUレザーが剥げてきたから・・。

価格が手ごろで希望する機能がついている・・私が新しいワーキングチェアに対する希望は・・以下の項目。

  • 座面と背もたれがメッシュ
  • ひじ掛けの調節が可能
  • ヘッドレストとフットレスト付き

というもの・・。

なぜ、このような希望になったのかは過去記事を参考にしてください。

そこでネットで調べていたら・・ニトリのワーキングチェアが多機能でコスパが良いと・・なので、ニトリでワーキングチェアを購入することにしました。

ニトリのワーキングチェア

ニトリのワーキングチェアが多機能でコスパが良いと聞いていたので・・ニトリでワーキングチェアを物色してみることに・・丁度、妻と自宅近くのニトリに出向く用があったので、その際にネットで評価の高いニトリのワーキングチェアを見てみることにしました♪

ニトリでは沢山のワーキングチェアが発売されていますが・・私の条件に合うワーキングチェアとなると・・    フォリストというワーキングチェアになります。

https://www.nitori-net.jp/

このフォリストの特徴は・・。

  • 座面と背もたれがメッシュ
  • 機能が豊富
  • 価格が30000円位で手ごろ

価格については・・最近値上げされたようで40000円位に値上がりしています・・それでもコスパは良いほうだと思いますが♪

フォリストの姉妹品OC701

https://www.nitori-net.jp/

ニトリでフォリストを見ていると・・もう1つ条件に合うワーキングチェアを見付けました・・。

それは、リクライニングオフィスチェア(OC701)というワーキングチェア・・このOC701はフォリストの姉妹品みたいな感じです。

座面の部分はフォリストと同じで・・背もたれが違う感じ・・。

フォリストの背もたれが一体型なのに対して・・OC701は背もたれがランバーサポート部分と分離しているデザインです・・某有名な高価なワーキングチェアとよく似たデザイン・・。

この2つのワーキングチェアを比較してみることに・・。

共通部分

2台のワーキングチェアの共通部分は・・。

  • リクライニング
  • ひじ掛け
  • フットレスト

リクライニング

リクライニングは2つとも4段階で調整できます、リクライニングというよりは・・背もたれのロッキングを固定できるといった感じです。

最大までリクライニングを倒してフットレストを使用すると、十分リラックス出来ます。

ひじ掛け

ひじ掛けの調節は3Dに対応しています、調整できる項目は・・。

  • 高さ
  • 前後
  • 左右の角度

これだけあれば一通りの調整はできますが・・欲を言えば左右の幅が調整出来ればよかったかも・・。

フォリストとOC701は座面が大きいので、ひじ掛けの幅が広くなるので幅が調整出来たほうが良いと思います。

ひじ掛けの質感は・・弾力のある樹脂で肘をかけても肘が痛くなることは無いと思います。

フットレスト

2台のワーキングチェアにはフットレストが付いています。

フットレストは座面の下から引き出すだけで使用することが出来ます、よくある座面の下から引き出し180度回転させるタイプではないので使いやすいかもしれません。

違い

フォリストとOC701・・2つのワーキングチェアの違いは・・。

  • ヘッドレスト
  • ランバーサポート

以上の2点

ヘッドレスト

ヘッドレストの違いは以下の通り

フォレストはヘッドレストの高さと角度を調節可能です・・それに対してOC701は高さのみになります。

私的にはヘッドレストの角度は結構重視しています。

背もたれを倒して作業しているとヘッドレストの角度によっては・・ヘッドレストに頭をのせるとパソコンのモニター画面が見づらくなってしまうので・・。

ヘッドレストに頭をのせた状態で・・モニター画面が見やすい角度の物がベストと思っています。

ランバーサポート

2つのワーキングチェアはランバーサポートも違いもあります。

フォレストは背もたれが一体になっているので・・ランバーサポートは背もたれの後ろにクッションがある感じで装備されています。

このクッションの高さを変更することが出来ます。

一方OC701は背もたれがランバーサポート部分と分離しています、そのためランバーサポートの高さを調節できないようになっています。

ただランバーサポート自体が大きいので、ランバーサポートの聞き具合はOC701の方が聞いているように思います。

OC701を購入

結局私が購入したワーキングチェアは・・OC701の方を購入しました♪

OC701は、価格が少し高いのですが・・機能面はフォリストに一歩譲っている感じ・・。

しかし、どの機能も一度調節すればあまり頻繁に変更するものではないのでは・・。

ランバーサポートの調節は不要

私はランバーサポートの高さ調節は不要と感じました・・私は今まで・・あまりランバーサポートの恩恵を感じたことがありません。

座面に浅めに座るため・・あまりランバーサポートの効果を体感することが無いように思います。

2台のワーキングチェアに深く腰掛けてみると・・ランバーサポートの効きを感じたのはOC701の方が実感しました。

ヘッドレストが決めて

フォリストはヘッドレストの角度を調節できるので期待していたのですが・・自分の好みの角度に調節することが難しいと感じました。

一方でOC701はヘッドレストの角度を調整できないものの・・私の好みの角度に近い感じ・・。

今回のワーキングチェア選びで、ヘッドレストの角度を重視していたので、私の好みに合うOC701を購入することに決めました♪

1週間使用

OC7901を1週間使用してみて感じたことは・・。

以前のワーキングチェアと比べて改善したところと微妙なところを以下に書いてみます。

改善された点

以前のワーキングチェアから改善したところは・・。

  • 背中やお尻が蒸れなくなった
  • ひじ掛けの調整が出来る

PUレザーからメッシュになったので背中が蒸れることがなくなりました、また、以前のワーキングチェアは背もたれを倒すと・・体が滑ってずり落ちることがあったのですが・・OC701ではそのようなことはありません。

以前のワーキングチェアはひじ掛けの調整が出来なかったのですが・・OC701はひじ掛けの位置を調整できるので・・キーボードでタイピング時に肘をひじ掛けに掛けることが出来るのでとても楽になりました♪

私は足癖が悪いので・・フットレストを手で少し引き出し・・足の裏で引きのばして使用しています。

フットレストを収納する時は、足の踵で収納しています。

微妙ところ

逆に微妙なところは・・リクライニングが4段階ということ・・リクライニングを1段倒すと・・少し倒し足りない・・かといって2段階倒すと少し倒しすぎで中途半端・・。

リクライニングをもう少し細かく調整出来ればよかったと思います。

それ以外では・・全体的にチープな感じがします・・それでもワーキングチェア自体にがたつきなどがないのでよしと思います・・ワーキングチェアの耐久性についてはニトリの5年間保証がついているので大丈夫かと思います。

ニトリのワーキングチェアは価格のわりに機能的でコスパは良いと思います・・コスパの良いワーキングチェアをお探しの方は一度検討することをお勧めします。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です